大人ニキビ体験談

大人ニキビの原因と対策

ニキビには若いころにできる「思春期ニキビ」と、30歳過ぎてからできる「大人ニキビ」があります。
同じニキビですが、原因は全く「真逆」です。したがって、対処法も全く異なります。

 

これを知らずに「大人ニキビ」に対して、若いころと名時様な対処をすると、
さらに症状を悪化させてしまいますので、絶対に気を付けてほしいところです。
思春期ニキビは皮脂の過剰な分泌によって毛穴が詰まって発症します。
ですので、こまめな洗顔が重要になります。

 

しかし、大人ニキビはそれをしてはいけません。大人ニキビの原因はむしろ、
年齢とともに皮脂の分泌が少なくなって肌が乾燥することによって発症します。
肌が乾燥するので、なんとか潤いを取り戻そうと皮脂を出そうとします。
それが硬くなった表皮と相まって、毛穴を詰まらせ、ニキビを発症させるのです。

 

したがって、根幹の対処法は、肌の保湿をしっかりすることです。
また皮脂を落としすぎないようにすることです。
ですので、若いころにしたようにごしごしと洗顔をすることはNGです。皮脂が落ちすぎてしまいます。

 

むしろ、洗顔料をよく泡立てて、優しく洗顔してください。
そして洗顔した後は、しっかり化粧水を付けて潤いを与え、
そのあとでクリームを塗って水分が逃げないようにしてください。

 

このようにしておくことがまず第一の大人ニキビの対策にあります。
また、生活習慣が不安定になることも、皮脂の異常分泌につながりますので、
それもしている人は直しましょう。
煙草、過剰なお酒、睡眠不足、ストレス。こういったものはみんな大人ニキビの原因です。

 

そのような生活習慣はぜひ止め、長く半身浴をするなどしてストレス解消に努めれば、
だんだんと大人ニキビは減っていきます。